虫歯について

私は、小学校の1年生までの時は虫歯が一本もありませんでした。その理由は母が「歯磨きをきっちりしなさい。虫歯ができて痛い思いするよ。」と歯磨きの習慣をつけさせていたことが大きかったのではないかと思っています。その点では母にサンキュー。
あと、僕は永久歯32本がノンプロがあるのですが、(左右上下に分割して8本づつある)その5番の歯が、上下左右すべての5番の歯、合わせて4本が永久歯がないことを歯のレントゲンを撮った結果判明しました。歯医者の先生は、「とりあえずすべての乳歯を抜歯して、4本の全ての歯をブリッジを掛けて一生使えるようにするか、乳歯を大事にしてその方法を回避するか、選択しなさい」と言われたので私は迷わず、歯を大事にするという選択肢をチョイスしました。その為に、もう抜かなければ道はないという2本は歯を抜いて、ブリッジを掛けました。
それ以降は、歯磨きを徹底するようにしていました。母からの誕生日プレゼントで電動歯ブラシを買ってもらったのですが、しっかり奥まで磨ければ普通に普通の歯ブラシと磨く度の良さは電動歯ブラシは本当に愛用品であり、それを買ってくれた母にはサンキュー。
しかし、親知らずはそうはいきませんでした。本当に歯磨きが難しいのです。普通、歯は縦に生えるのですが親知らずの場合横に生えるんです。その為虫歯にならないように気を付けていましたが虫歯になって抜いてもらいました。

皆さんも虫歯には気を付けてください。http://xn--n8j1f2674a.xn--tckwe/

歯を白くしたいならハクサンシコーがおすすめ!

お茶を飲むのが好きなせいか、
茶渋が歯に沈着して汚れが目立っていました。

定期的に歯医者へ行き歯石除去をしているのですが、
歯がツルツルやるのも掃除を通じてもらってから1週間が限界です。
そして綺麗に掃除を通じてもらっても歯が白くなることはありませんでした。

如何に白い歯を手にすることができるのか。
そう思い悩み各種歯磨き粉を試してみたのですが、
思っているように歯が白くなりません。

何かいいオーラルケア商品はないものか、とネットで調べてみたところ
「ハクサンシコー」という歯磨き粉を見つけました。

アマゾンだと送料無料で税込み¥646!
値段も手頃だし試しに買ってみることに。

現に手にすると
歯磨き粉というより歯を白くする「お化粧」といった感じです。
通常の歯磨き粉と違い粉末タイプでした。

使ったことのないケア商品に不安でしたが、
恐る恐る歯ブラシに粉をつけて磨いてみました。
するとほどよい泡立ちで歯磨き粉同様に磨けます。

使用後は歯がスベスベになった感覚で気持ちが良いです。
1週間くらい続けてみると歯が白くなってきました。
虫歯治療したパッキングもピカピカに。
効果を感じたので追加購入決定です。色々試しけど変わらないあなたへ。初回53%オフ

歯磨きの手加減

歯磨きは時間をかけて丁寧にする方です。小学校高学年のころ、保険の授業か何かで歯の健康について学び、歯磨きを一生懸命にするようになりました。学生のころは、学校の歯科検診で「きれいに磨けている」と褒められたこともあります。今でも、一日一斉(だいたい夜)は十五分くらいかけて磨くようにしています。朝夕もできるだけ五分くらいかけて磨いている。
歯磨きをしっかりしていれば虫歯はある程度防げるとおもっていました。しかし、別の問題が浮上しました。
最近、歯が沁みる症状がでることがよくあります。冷たいものが沁みます。それから、甘いものも沁みます。甘いものが沁みるのは今までにない症状なので、驚きました。例えばおまんじゅうを食べると、あんこが歯にあたっているところが沁みます。全ての歯が沁みるのではなく、奥歯の一部だけです。
これは虫歯になってしまったとして、歯医者に行きました。すると意外なことに、「虫歯はありませんね」と言われました。虫歯ではないけれど、沁みる原因は「知覚過敏」はだそうです。歯の表面が薄くなり、歯の中に通っている神経に、冷たいものなどの刺激が通りやすくなっている状態だそうです。
原因は、歯を磨くときの遠慮かもしれないといわれました。あんまり強い力で磨いていると、歯の表面がけずれてしまうそうです。歯茎も傷めることがあるので、気をつけてくださいとのこと。ガシガシと力を籠めなくても、優しく、丁寧に磨けば歯垢は落ちるそうです。
虫歯でなくて一安心です。磨き方を改善しようと思います。歯を白くする歯磨き粉を使ったことありますか?

歯磨きと虫歯の予防について

私は、小学校にあがるまでは虫歯が1本もないという時もありました。でもそれは幼き日、若き日の事でしかないんです。実は歯に関するため一番悩ませたのは、左上、左下、右上、左上のそれぞれの8本づつ、計32本の歯のうち5本目の歯が永久歯として生えてこないつまり生まれつき永久歯が作られてこなかった、「欠損歯」であると言われました。ですから「もはやこうなってしまったら、この歯を死ぬまで大事に使うか、ブリッジを掛けて4本全部の歯を治療するかどっちかだ」、と言われました。そこで、気を付けて歯を使い、虫歯には細心の注意を払う様にしてます。それでも歯根がくらついており、知れゆえに左歯輪の2本の欠損歯は、抜歯し、金属のブリッジを掛けてもらいました。さらに多分歯磨きがしっかり行き届いてなかったせいで親知らずの2本抜きました。1本は親知らずが生えてきて、7番の歯に食い込んでくることによる痛みを歯医者の先生に話したところ、「これは虫歯じゃあなく親知らずが食い込んできて、その事で7番や6番に痛みを起こしているんです。これを治療するとなったらもはや親知らずを抜く事しかない。じゃないと一生痛みにさいなまれるよ」と言われ、親知らずをに浮きました。2度目はもはや親知らずだろうとは思っていましたが、虫歯になってるとはっきりわかりました。歯に穴が開いている事を自覚していましたから。その時も、「まず口腔外科へ行って、親知らずを抜く事から始めよう。」そう言われました。治療は成功しました。それからは電動ブラシを買って本当に歯には気を付けています。
皆さんも虫歯には気を付けてください。高くてもいい!歯を白くしたい、おすすめの歯磨き粉はこちらから